RESVO

PRODUCT製品情報

精神・神経疾患の診断・層別化血液マーカーとして
フリーライトチェーン(以下FLC)が有用であることを発見し、日米にて特許の取得を完了いたしました。
現在はFLCに関連する開発だけでなく、本研究過程で発見された成果を含め、
精神疾患・ストレスに関する製品、サービスの開発を行っております。

統合失調症の診断・層別化を目的とした血液検査キット

RESVOは統合失調症の診断・層別化血液マーカーとしてフリーライトチェーン(以下FLC)が有用であることを見出し、日米にて特許取得を行いました。
現在、FLCを利用し、免疫障害が原因と考えられる統合失調症を診断・層別化するための新たな血液検査キットを開発しています。
統合失調症は、世界中で100人に一人が発症する疾患であると言われています。
様々な発症原因のうちの一つに、免疫障害があることがわかってきましたが、免疫障害性統合失調症の診断・層別化を客観的に行う方法が現在ありません。
我々は「統合失調症のより効果的な治療による患者負担の軽減」を目指し、
この検査手法を用いた適切な治療法の選択や新たな治療法の研究開発を可能とするために、1日でも早い実用化に向けた開発を進めています。

尿を使ったストレスチェックキット

RESVOは従来のストレス物質測定ではなく、異なる複数の尿検査項目を組み合わせた独自のアルゴリズム解析により、
「ストレスによって潜在的な負荷を体がどれだけ受けているか?」を見える化する技術を開発しています。
精神疾患の発症原因の多くはストレスが関係すると言われています。
日本国内において、就労人口の減少にもかかわらず、従業員における精神疾患の発症者数は年々増加傾向にあり、深刻な問題となっています。
「非侵襲」かつ「客観的な指標」による検査方法の提供により、従来のストレスチェックではできなかった潜在的な身体的負荷を見える化を可能とし、
ストレスによる精神疾患発症予防に繋げたいと考えています。

抗Immunoglobulin κ light chain抗体(ポリクローナル抗体)

統合失調症の研究に使われるモデル動物研究用の抗体となります。

商品名
Anti-IgK
抗原種
ラット
免疫動物
ラビット
標識
交差性:マウス、ラット、(マーモセット)
性状
標識無し
適用
抗血清
容量
Western blot, Dot blot
商品コード
  • Genbank No. 24491
  • 500ul
  • RESVO IGKR-P1 Lot No. 0251-01
  • IGKR-P1 データシート(PDF)(販売代理店:アナテック株式会社)
  • マウス(ラット)血清(血漿)Immunoglobulin κ light chain
  • ウェスタンブロットプロトコールは以下よりダウンロード出来ます。
    抗Immunoglobulin κ light chain抗体 (PDF 287KB)
CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはWebサイトでのみ受け付けております。事業・研究内容や食事のお誘いなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから