Wisdom and Practice

【News】2016.10.15(土)

島根大医学部においてセミナーを行いました

2016年9月29日(金)に島根大学医学部   解剖学講座   発生生物学において、「母体の健康状態と出生児の神経発達障害リスク」について弊社CTOである大西博士がセミナーを行いました。

【セミナー要旨】
  妊娠中の母体の内分泌障害や感染症は胎児脳神経発達に障害を与え、生後、精神・神経疾患を発症するリスクになることが示唆されている。しかしながら、その障害メカニズムが明らかになっていないため、対処方法(治療法)が確立していない。近年、我々はモデル動物を用いてその解明に挑み、これらの障害は早期発見早期治療が有効である可能性を明らかにした。これらの知見は、近い将来、母体の健康状態に起因する精神・神経疾患に対する治療法(対処法)開発の重要な手がかりになるのではないかと予想される。
セミナー先: 島根大学医学部   解剖学講座   発生生物学
  
セミナーの様子(写真提供:島根大学医学部)

TOPページに戻る